美容師の開業・起業について①

起業に必要な手続き

2017年08月30日 18時25分

美容院を開業する際には、どのような手続きをするべきなのでしょうか?経営に詳しい方であれば、なんとなくどんな方法をとればいいのかがわかるのではないかと思います。しかし、ずっと美容師として仕事をしており経営の方法などがわからないという方のほうが多いと思いますので、いざ独立する際に何からしたらいいのかわからないのではないかと思います。 

美容院を新しく開く場合には、その美容院の名前を作り所在地を明らかにする必要があります。また、開業する方の名前と住所、美容師を雇う場合は管理美容師の名前と住所などを届け出ます。さらに、その美容院の構造や設備の概要、登録番号や従業員の氏名、開設予定日なども伝えなければなりません。その他にも税務にかかわる手続きなどをする必要があります。 

書類によって税務署や保健所、都道府県の税務署など、それぞれ提出先が異なります。開業までにこれらの手続きを全て済ませなければなりませんので、思ったよりも大変だと感じた方も多いでしょう。一人で新しい美容院を開くのが不安だという方は、開業をサポートする業者などを利用するのもよいのではないでしょうか?独立支援のプロにサポートしてもらえますので、安心して開業することができるのではないかと思います。