美容師の開業・起業について①

美容師の開業と美容室の経営について

2017年08月30日 18時26分

独立して美容院を開業させたいと思っている美容師の方は、たくさんいらっしゃるのではないかと思います。しかし、美容師として長年働いている方なのであれば、現在の美容業界についても詳しくなっているのではないでしょうか?開業したからといって必ず成功するとはいえませんし、経営がうまくいかずに廃業している美容院もたくさんあります。 

開業リスクとして、まずは現在の日本にはコンビニの4倍の数の美容室があるという点が挙げられます。20万店舗以上の美容室が日本にあるのですが、当然新しく開業する美容室も逆につぶれてなくなってしまう美容室もたくさんあります。この厳しい世界で生き残るには、技術力だけでなくマネージメント力も試されます。起業の前に経営について学んでおくのも、このリスクを軽減させる方法の1つと言えるでしょう。 

また、開業時にかかってくる資金調達も大変です。融資を受ければ大金は必要ないと言われていますが、そもそも確実に希望額を融資してもらえるとは言えません。ある程度の自己資金は必要になってきますので、そのつもりで考えておきましょう。 

美容院は、開業すればそれで勝手にお客さんが入るわけではありません。開業後も、営業努力や優秀な人材の確保が必要になってきます。しかし従業員が増えればその分自身の収入も減ることになりますので、しっかりと計画を立てたうえで拡大していく必要があります。