美容師の開業・起業について①

起業を成功させるために

2017年08月30日 18時31分

美容師の方が起業してご自身の美容院を持つことができれば、それで企業が成功したと言えるでしょうか?極論を言えば、お金を持っているのであればだれでも美容院を持つことはできます。しかし、起業してからずっと美容院としてやっていけるかは別の話です。実際に廃業している美容院はたくさんありますので、重要なのは起業後の経営方法ということになるのではないかと思います。 

しかし、美容師の多くはお客さんの髪を切る職人であり、経営の知識がないのが当たり前です。経営の知識がないにもかかわらず人気のある美容院もあるのですが、やはり経営の方法1つで起業後の美容院の売り上げが大きく変わってくると言えるでしょう。 

本当に起業に成功したと言えるのは、開業してからある程度の期間安定したお客さんをつかみ、売り上げが上がっている状態になってからなのではないかと思います。それまでには、起業前よりもさらに苦労することや大変なことなどもあるでしょう。しかし、それを乗り越えることでようやく独立した美容師として認められるのです。起業後のことも考えて、慎重に開業手続きを進めていくようにしましょう。